引っ越しサービスの一部をご紹介!

春になると新生活を始める方が多く、この時期には引っ越しの話題をよく耳にします。実際に引っ越しを行う場合、引っ越し業者のプランがいくつかありますが、こちらでは『単身パック』について、便利な点と荷物の目安、どういう方が利用するのに向いているプランかをご紹介します。
単身パックは、約1メートル四方の大きさで、背丈ほどの高さのワゴンに荷物を入れて配送するプランのことを言います。荷物の目安として、一人暮らしに必要最低限のものが入る分の大きさになります。テレビ、冷蔵庫、洗濯機に加えて、棚と段ボール5~10箱くらいの荷物がワゴンに収まります。ワゴンに収納することが前提となるため、ベッドは大きすぎてプランの対象外となる場合が多いです。収納可能かどうか不安な場合には、事前に引っ越し業者に配送する荷物の一覧を提出して、大きさの目安を確認してもらうと良いでしょう。
単身パックを利用するメリットとして、料金が非常に安いことと、ほぼ固定料金のため見積もりが不要なため、手配が早いことの2つが挙げられます。特に見積もりが不要な点は、スピーディーに引っ越しを済ませたい方にはとても便利です。そのため、家具類や荷物が少ない方や引っ越し時に家具類の大半を処分する方に向いているプランと言えます。
もともと安い単身パックですが、取り扱っている業者は複数あるため、http://www.gilgamesh-online.com/も参考に、いくつか比較してみると、より最適なものを選ぶことができるでしょう。
ところで、ペットを買っていらっしゃる方の引っ越しはどうでしょう?
ペットは生き物ですから、他の荷物と同じような方法で運搬するわけにはいきません。引っ越し業者のサービスの一つとして、ペット運搬サービスがあるので、他の飼い主に譲らずに、新居でもペットを飼い続ける場合にはこれを利用するといいでしょう。オプションサービスになっているので有料になってしまいますが、遠距離移動におけるペットの負担を最小限にすることができます。
ペットの引っ越しサービスが適用されるのは、犬や猫などの定番の動物に加えて小鳥やウサギなどの小動物などです。最近は爬虫類を買う人も増えていますし、水槽で熱帯魚や金魚などを飼育している人も多いですよね。これらのペットを飼っている場合でも、引っ越し業者に相談すれば対応してもらえる場合がありますので、あきらめない方がいいでしょう。
ペットの運搬方法ですが、主な方法は三つあります。まずペットをスタッフが直接引っ越し先まで運ぶというものです。この方法の場合はペットだけを運搬するので、ドライバーと同じ環境で過ごすことになり、動物たちへの負担も少なめになっています。航空便と専用車の併用便やトラック便の場合は他の品物と一緒に運搬するという方法で、気圧や寒暖の影響が多少があります。

引っ越しをマンションにしたい!

私は、最近夢があります。
それは、引っ越しをマンションにしたいと言うことです!
今は、築35年の古いアパートに住んでいます。
最近、子供が生まれ、何かと物が増えてしまいました。
そのため、部屋が狭くなってしまい、気持ちもゆっくりと過ごすことができません。
まだ、子供が小さいので良いですが、子供が大きくなってくると、この部屋では絶対に狭くなってしまいます。
それに、子供は3人欲しいと思っているので、絶対に広い部屋が必要です。
そこで、マンションへの引っ越しを、いつかはしたいと思うようになりました。
妻も、引っ越しをマンションにする事は良いことだと言っています。
やっぱり、古いアパートに住んでいるよりは、マンションに住んだほうが快適な生活が送れますからね!
子供も、のびのびと成長してほしいので、マンションに引っ越しをしなければいけませんね。
私は、マンションに引っ越すために、お金を貯めておこうと考えました。
早ければ、来年には引っ越しをマンションにしたいですね。
できれば、2人目ができる前に引っ越しをした方が、妻にも負担がかかりませんからね!

お金がかかる、引っ越しの料金を安くするのは

どうしても引っ越しには、引っ越し先の準備でお金はたくさん必要になるのです。
だったら、どこかで安くしたいと思うなら、引っ越し費用を抑えることに言えます。
費用を抑えることは大切なので、料金はどこかで計算しているものです。
出費ならばどこかで調整しないといけませんが、それなら見積もりを取ることです。
いきなり有名な場所で、などと考えないで、見積もりサイトを利用することです。
だったらどこがいいかなどですが、引っ越しはお金はかかるからこそ、料金は抑えたいといえます。
簡単に言えば、お金がかかる、引っ越しの料金を安くするのは比較と交渉です。
今では簡単に「引越し価格ガイド」で比較出来るのですが、見積もりサイトは交渉の前段階です。
まずは、一括見積もりを利用して、それぞれの価格を比較することです。
その上で、比較をして安いと感じたなら、他の業者の見積もりも取ってみることなのです。
比較をしてみて、更に交渉することなのですが、10万円というところや8万円、6万円もあるでしょう。
人数でも差があるのでしたが、引っ越しの料金なら比較してみて差が分かります。
だからこそ、一括見積もりを利用が必要なのですが、比較相手がいるからこそいいのです。
そして交渉なのですが、まずは比較をしないと始まらないので、そこからです。

家事も育児も、引っ越しの準備だってこんなに頑張ってるのに…(涙)

私最近ずっと心がけてることは、子どもと一緒に過ごす時間を大切にするってことです。
子どもと過ごす、というのは一緒に遊んだり話をしたり、ちゃんと子どもと向き合う時間です。

娘が3歳の頃、よく家事をしながら娘のお喋りの相手をしていました。
ある夜、娘が寝る前に「ママ、明日はいっぱいお喋りできる?」って聞かれたんです。
え?今日もいっぱいお喋りしたよね?って聞き返すと「ううん、ママはお料理したりお洗濯したりしてて○○は一人でお喋りしてたよ」って言うんです。
それを聞いて、すごく反省して、以来ずっとどんなに忙しくても子どもと向き合う時間は確保するようにしています。

でも、主人にこないだ「毎日○○と遊んでるだけじゃなくてちゃんと引っ越しの準備頼むよ」って言われすごくショックでした。
私が一生懸命に作っている娘との時間は主人から見れば遊んでる時間に見えるんだ…

それに、引っ越しの準備だって私ひとりに全部丸投げしておいて、めっちゃ頑張ってるって言うのに!
見積もりだってネットで申し込みしたから、週末に3社が見積もりに来るよって伝えてるけどそれも覚えてないんだろうなぁ。

主人に取ったら、毎日食事が出て部屋が掃除されてて服が洗濯されてるのって当然で、私が頑張ってるからとか思ってないんですよね。
主人の寝顔を見ながら「早く○○が大きくなって「パパくさい!」とか言われて嫌われろ~」って呪っています(笑)

引っ越しはいろんな意味で業者を比較して

転勤族の妹がいます。
彼女には、もうすぐ赤ちゃんが生まれます。
年いってからの初めての子供なので、相当嬉しいことでしょう。
誰も言わなかったけれど、両家の親とも、もう無理かなと諦めかけていました。
だから、今回の妊娠は、本当にみんなが大喜びをしています。
ただ、赤ちゃんが生まれてすぐに、転勤の話が出ています。
旦那さんは、残業の多い仕事をしているので、妹が、1人で引越しの準備をしなければいけません。
少し遠くに住んでいるから、誰も助けてあげにいけないし、小さな赤ちゃんを抱えて、本人もしんどいだろうし、本当に無事引っ越しができるんだろうか。
引っ越しって、もちろん当日も大変だけれども、それまでにかかる準備も大変ですものね。
いつも、引っ越しは、金額だけで見ていたけれど、今回は少し業者の間でも、どれだけ丁寧にしてくれるかとか赤ちゃんがいる人に優しいプランとかそういうのを比較するのもいいかもしれませんね。
まずはとにかく無事に赤ちゃんを産み、それから、引越しのことを考えましょう。
私も、できることがあれば何でも手伝ってあげようと思っています。

引越しは焦らず、各社で見積もりを取ってプロのアドバイスをもらいましょう

仕事の都合で2週間以内に引っ越しをしなければならず、急いでいました。

さらに荷物を運び出す家を離れていたため、訪問しての見積もりを依頼することができず、やりとりはすべて電話になりました。

5社くらいに一気に見積もりの問い合わせをしましたが、どこもすぐに折り返しの電話をかけてくださり、詳しい見積もりを取るために良心的なサポートをしてくれました。

最初の見積もり段階では不十分だった情報を埋めるべく、ベッドや家具一つひとつのサイズや機能(折り畳み可能かどうかなど)、衣類の量などについて確認してくれました。

また、全体の量を把握したうえで、プランをいくつか紹介してくれたのが心強かったです。

単身プラン、単身プランハーフ、あるいは箱物は郵送するのが良いのか。
さらにはこういったプランの抱き合わせをすることで、費用を抑えることができると提案までしてくれました。

私は急いだ引越しだったので、電話でのやり取りでことを進めてしまいましたが、今は「2週間前からの予約なら○円値引き」「ウェブサイトからの予約なら○円引き」など各社独自のお得情報があるので、できるだけ早く、各社に見積もりを取ることをお勧めします。

懸念事項があれば質問しましょう!
引越しのプロの皆さんは、かなり親身になって相談に乗ってくれます!

引っ越しのパッキングをするコツ

引っ越し作業の中で、もっとも面倒なのはパッキングでしょう。家の中のあらゆる物をダンボールに詰める作業は、気が遠くなるタスクです。家族の構成人数が多いと、その分パッキングする荷物も多くなるため、効率を考えて引っ越し業者のお任せパックを頼む手もありますが、一人暮らしなら、自分でやったほうが経済的です。
上手にパッキングするコツは、ダンボールに入れるものをどのように振り分けるかにかかっています。ただ単に目についたものから入れるのではなく、秩序をもって入れることが大切です。
まず、1つのダンボールには、自分が持てる重量しか入れないことが鉄則です。大きなダンボールには軽い荷物、小さなダンボールには重い荷物を入れるようにすると、バランスが取れます。洗面用具や洋服など、すぐに使用するものは、専用のダンボールに入れておくと、引っ越してからあちこちの箱をひっくり返す必要もありません。また、それぞれのダンボールには、何が入っているのか大まかに書いておくと便利です。
細々とした注意としては、割れ物は新聞紙などクッションになるものに包んで梱包し、箱の一番上の方に入れましょう。
これらのことを覚えておけば、引っ越しのパッキングが的確に行えます。

引っ越しの単身パック、実は2つの形式があります。

単身赴任が多いサラリーマンにはとっても便利な引っ越しの単身パック。
いろんな会社が取り扱っていますが、どれも同じだと思っていませんか?
実は、2つの形式に分かれているんです。
1つは通常の引っ越しと同様に、荷物をトラックに載せてそのまま新居まで運ぶ形式。
もう1つは、荷物を一般の宅配便のトラックに載せて、新居に配達するという形式です。
ここでポイントなのは、配達という形式を取っているということです。
配達なので、通常の引っ越しに比べて荷物の到着に時間がかかります。
どんなに早くても翌日になります。
そして、宅配便と同様に、配達時間の指定が出来ます。
ただし、ピンポイントに何時という指定ではなく、12-15時というような大まかな時間指定になります。
その他、通常の引っ越しに比べて、紛失や破損の可能性が高くなります。
そのためか、宅配形式の単身パックは割安となっていることが多いのです。
でも、沢山ある荷物を、他の宅配便の荷物とどうやって区別するの?と思いますよね。
段ボールをただ積んだのではわからなくなりますから、専用のカゴ車に荷物を載せます。
この時、家電用品は梱包せずに、そのまま一緒に載せます。
こういう部分も、割安になっている一因でしょうね。
賢く使えば、単身パックはとってもお得になるので、是非利用してみてはいかがでしょうか。

考えてみたら、引越し費用の見積もりは一括はダメ?

今回嬉しいことですが、結婚をします。それを機に、引越すことになったのでした。
2人での引越し先なのですが、将来を考えて、いったんは賃貸マンションにします。
子供が生まれたりなどすれば、お互い仕事面などもその時考えて、家を購入かな。
でも、先のことはまだ分かりません。今は現実問題、引越しを考えねばなりません。
結婚式も終えたので、アパートだとなかなかいい物件もなく、賃貸マンションに。
その場合、引越し費用を考えなくてはいけません。もちろん2人なので、抑えたいです。
それに、後々をよく考えてみたら、引越し費用の見積もりは一括だとダメじゃないかと思う。
一括にしたとして、後々、あっちこっちから電話殺到、なんてことになったら困ります。
会社ではギリギリまで仕事をしなくてはならず、そんなに頻繁な電話は困りますから。
だったら、ネットで比較したらどうかとも考えました。主人も同じ考えみたいです。
ただ、実際には会って確認しないと、納得出来ないのも事実でしょう。主人の出番です。
営業職なので、やり取り上手なら、引越し費用の見積もり交渉もではないか、と思いました。
すると主人は、話術に冴えている私が向いている、という。確かに、職業が性格ではないから。
ただ、相談の上なので、どちらとも言えませんが、お互いの意見が大切なのは確かです。

引越し費用の目安

引越しする上で気になるのが、引越し費用ではないでしょうか。
引越し自体で行っていることは、ただ単純に物を右から左に運ぶだけとはいえ、四人家族が引越すとなると、荷物の量は膨大になりますし、そこにかかってくる人件費や運送費はかなりの額になってきます。
また、引越し業者の売上は基本的に引越し費用のみなので、営業コストや事務コストも含まれてきます。
では、引越し費用の目安というのはどのくらいになるのでしょうか。
引越し費用は、引越しするのが繁忙期なのか閑散期なのかで大きく異なります。
それ以外にも、もちろん一人暮らしと大家族では、荷物の量が異なりますので値段に差が出ますし、荷物の量が少なくても、北海道から九州に引越すということにでもなれば、値段がかなり高くなります。
一人暮らしであれば、だいたい3万から高くても10万くらいで済むでしょうが、ファミリータイプの引越しプランだと、20万を超えることもあります。
目安は目安なのできちんとした金額を知りたければ、業者の人に来てもらって、荷物の量から計算して正式な見積もりを出してもらうと良いでしょう。